八潮市の骨髄移植ドナー助成金の交付について

INFORMATION&PICK UP REPORT

2019/03/12更新

Category;インフォメーション&ニュース  



先日の報道等でみなさんもご存じの通り、水泳で東京オリンピックでの活躍を期待されている池江 璃花子選手が白血病を公表されました。

実のところ、これを書いている私の友人も白血病を発症し、二年の闘病生活の末、最近社会復帰を果たしました。というように、血液のガンと呼ばれる白血病も、ごく身近な病となってきておりますが、かつて「不治の病」とされた白血病は研究開発が進み、治る可能性の高い病気になりつつあります。



完治へ向けての治療法については、抗がん剤治療の他、「造血幹細胞移植」があります。骨髄の中の同細胞を入れ替えるため、抗がん剤治療より強い副作用があり、嘔吐(おうと)や脱毛など体への負担は大きいものではあります。

日本骨髄バンクによると、移植を求める患者は2930人で昨年末現在、ドナー(提供者)登録数は約49万人。ドナー数は十分のように見えるが、同バンクの広報担当者は「適合しない場合や、登録者が途中で辞退する人もおり、待っている患者はいる」と説明しています。

八潮市では、骨髄・末梢血幹細胞(以下「骨髄等」といいます)の移植およびドナー登録の推進を図ることを目的に、公益財団法人日本骨髄バンク(以下「骨髄バンク」といいます。)が実施する骨髄バンク事業において、骨髄などを提供した方に助成金を交付しています。

助成金申請の方法については、以下のサイトに詳細がありますので、みなさんも是非一度ドナー登録について考えてみませんか?

骨髄移植ドナー助成金の交付
八潮市
https://www.city.yashio.lg.jp/kenko/kenko_hoken/iryokikan_kanren/iryo_kanrenjoho/donor.html

日本骨髄バンク
https://www.jmdp.or.jp/

白血病ってどんな病気?
ファイザーの提供するがん(癌)情報サイト
https://ganclass.jp/kind/cml/what/