地元の新鮮野菜を使った優しい料理「あぐり食堂」

INFORMATION&PICK UP REPORT

2019/10/01更新

Category;ピックアップレポート  

1歳児の娘と2人、フレスポ2階にある「あぐり食堂」さんでランチしました。 食品の販売とカフェ・食堂が併設されたお店で、入ってドキドキしていると席へと案内してくれました。店内全体に木が使われているナチュラルな雰囲気の空間になっていて席の作りもゆったりめ、家でくつろいで食事を摂る感覚に近い居心地のいい雰囲気です。子供用の椅子が3つありますし、ベビーカーでも乗せたまま過ごせます。

注文は席でタッチパネルからの注文です。タッチパネルだとメニュー全体がわかりにくかったり把握しにくかったりしますが、通常のメニューも用意されているので安心です。

地産地消をモットーに八潮市の特産品小松菜がたくさん使われているあぐり食堂のメニュー。 「地産地消」とは、地元で生産されたものを地元で消費する」という意味で言われています。(日本特産農産物協会より)地元の農家さんが作った野菜を近所の人が購入する。お互いの顔が見える関係で消費者の安全・安心志向にフィットする販売・購入方法です。

以前の農業祭でJAの組合長さんの話の中に出てきて初めて知った言葉でしたが、地元で取れた野菜を新鮮なうちに地元で消費するって理想的だなと思いました。やっぱり朝採りの野菜をその日のうちに食べると甘味だったり、苦味、えぐみとかが違って、苦手だった野菜も食べられたり、枝豆ってこんなに甘いものだった?春菊って美味しいじゃん!と感動します。八潮の地元で採れた新鮮な野菜、意識して購入してみてくださいね。(そのうち、直売所特集したいです)

そんな新鮮で美味しさの違う野菜たちが使われているあぐり食堂の優しいお料理。一汁三菜に漬物のついた定食。付け合わせもにもしっかり小松菜が使われています。

お子様用のプレートやおむすび、小丼、小うどんなどもあって、子連れでも食事量の調節しやすいメニューがあります。1歳の娘と2人だったので、シェアできるように「自家製手ごねおろしハンバーグ定食」を注文しました。

しっかりこねられたハンバーグに醤油ソースをかけてさっぱりと食べられました。軽めによそられているご飯も親切です。セルフサービスでご飯とお茶がおかわりできますので、安心してください。小松菜の一品はカニカマと和えたものでした。小松菜のレシピが参考になります。季節によってメニューも変更があると思いますので、メニューの内容についてはご了承下さい。

小松菜を前面に出しているメニューを紹介します。
筍小松菜の貝柱塩炒め・小松菜の白和え・イカと小松菜の胡麻和え・こまっちゃんワッフル(生地に小松菜入り)・八潮の小松菜サワー
※季節によってメニューも変更があると思いますので、メニュー内容の変更ついてはご了承下さい。

コーヒー豆が販売されていたので、美味しいコーヒーをいただけると思い、食後にプレミアムコーヒーを注文しました。マンスリーで豆が変わるようなので、飽きずに楽しめてお気に入りのコーヒーを見つけるのもいいかなと思います。気に入ったら帰りに豆を購入できるのも嬉しいポイント。

10月から増税と共に始まったキャッシュレスのポイント還元。お会計は、クレジットカードも各種電子マネーにも対応しておりますので、ご安心を。そして楽天ポイントも貯まります!

外食でも家庭的な優しい味付けで、野菜をたくさん摂りたい時には、ぜひ足を運んでみてください。

お店の詳細はこちら